REPORT_yy_may2022 | Ace Hotel Kyoto

PLAYFUL

挙式日:2022年5月
会場:American
人数:45名

Ace Hotel Kyotoを選んだ理由

結婚式をするなら、”一般的な結婚式の形”に対して感じている違和感が無いようにしたいと、なんとな~く考えていました。
そんな中、Ace Hotel Kyotoに見学に行き、プランナーのゆかりさんが、私たち夫婦の思う「違和感ってなんなのか?意味のあることって何なのか?なんで結婚式するのか?」を問い、聴いてくださり、本当に意味のあることを考え抜いて作りあげる1日にしたい、この場所で、この人とならできる!と確信しました。
また、そんな1日を実現するために1日1組で時間や場所の使い方に制約がないこと、プロフェッショナルなアーティストにサポートしてもらえることも魅力的に感じました。

  • アーティスト達について

    沢山の会話を通じて私たちのこと、この結婚式で叶えたいことを理解し、私たち以上に結婚式に向き合ってくれる姿を見て、とにかく全員のことが大好きになりました!
    それぞれの領域の中で最大級の力を発揮してい頂いたと思っていますし、それぞれの力が掛け算されて奇跡のような1日が出来上がったと思っています。
    当日全員が集まって、準備してきたことが少しずつお披露目できていく過程もとても楽しく、幸せな気持ちでした。

  • 当日を迎えるまでに感じたこと

    結婚式を作り上げる過程で「夫婦として何を大切にし、どう生きていくのか?」ということに向き合い、個人として・夫婦としての成長を実感しました。
    こんなテーマに向き合うことができたのもプランナーゆかりさんならではの結婚式の作り方があったからだと思います。「本当に意味のあることを考え抜いて作りあげる1日にしたい」という夫婦の想いを最大限にサポートしてくれたゆかりさんの存在はとても大きかったです。

  • 結婚式で印象に残っていること

    誓いの言葉やそれぞれに宛てた手紙を通じて、伝えたい想いを家族や大切なゲストに伝えられたこと、またそれを受け取ったゲストの皆さんの心が動く様子がその場にあったことが印象に残っています。
    また、1つ1つ意味を持って準備してきたこと(ウェルカムパーティーや引出物がわりのお土産マルシェなど)に、ゲストから楽しそうな反応が返ってきたこともとても嬉しかったです。

今思うこと

「結婚式やってよかったな」ということに尽きます。準備する過程で、パートナーと本当に大切にしていきたい誓いを見つけることができ、当日には両親へ感謝以上のものをプレゼントできました。そんな1日をともに作り上げてくれた最高のチームに感謝の気持ちでいっぱいです。:新婦
結婚式は向き合えば向き合うほど様々な悩みが生じた過程でしたが、なんとかくじけることなくゴールへ辿り着くことが出来ました。この実践こそが当日を最高なものにしたという実感もあり、またこの後の人生においてもその感覚を大事にしていきたいなと思います。それも妥協無く向き合ってくれたチームの皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。:新郎

PLANNER:一色 浴果里
DRESS:NUMBER5
TUXEDO:齋藤服飾研究所
PHOTO:タナカ タツヤ
MOVIE:UNPLUGGED
FLOWER:仲村 宙
HAIR&MAKE:RISA HITOMI
MC:坂田 やすこ
MUSIC:Sound Couture inc.
PAPER ITEM:MISA DESIGNS inc. / cappanstudio